ムダ毛ケアに自己処理が危険な理由

カミソリでムダ毛処理をする女性

放っておくとどんどん成長していってしまうムダ毛。放置するわけにはいかないのでカミソリやピンセットを使って自己処理をしていきますね。

ですが日々の自己処理が肌に負担をかけ、美肌とは程遠いものになっていくので注意をしなければなりません。

脱毛も回数をこなし毛がある程度まで無くなるまではどうしても自己処理をする必要がでてきます。

カミソリやピンセットで行う自己処理をするとどのような事が起きるのか見ていきましょう。


毛嚢炎

いわゆるカミソリ負けです。肌が弱かった私は度々なっていました。皮膚に赤いブツブツができ、見た目はニキビのようですが芯がありません。触ると痛痒いような感じになります。ニキビの原因は皮脂やアクネ菌なのに対し、毛嚢炎は黄色ブドウ球菌で乾燥しやすい所に出来るのが特徴。カミソリやピンセットで気づ付いた毛穴から最近が入り炎症を起こします。
毛嚢炎は放っておいても自然に治りますが、症状が酷い、気になるようでしたら皮膚科へ相談してみると良いでしょう。

埋没毛

皮膚の下に埋もれた状態で成長してしまう毛の事を言います。こちらも自己処理で傷ついた皮膚が再生しようとして毛穴をふさいでしまう事が原因です。皮膚表面からも毛が透けて見えますが、放っておいても表に毛が出てくる事はありません。

埋没毛が出来てしまったら、スクラブかピンセットで皮膚の負担にならないように毛を引っ張り出してあげます。無理やりほじくると炎症や色素沈着の原因になるのでやめましょう。

自己処理はシェーバーで!

ムダ毛の処理はシェーバーで行うようにします。シェーバーは肌に負担をかけず毛のみを処理してくれるものです。脱毛期間中もシェーバーで自己処理をする事でより仕上がりがキレイになりますよ。